まちに還すコミュニケーション

場のチカラ プロジェクト|Camp as a participartory mode of learning.

exploring the power of place - 007

【本日発行】ORFも終わって、学期も後半。来年の手帳を買いました。🍲
加藤研のウェブマガジン “exploring the power of place” 第7号(11月20日号)をお届けします。今回は、10のストーリー。→ https://medium.com/exploring-the-power-of-place/tagged/007

◎第7号(2016年11月) 目次
  • 新しい家族のカタチ(國吉萌乃)
  • 「音」で感じるコミュニケーション(磯野知愛)
  • 移動を感じるには(梅澤健二郎)
  • ちいさき種まき(家洞李沙)
  • キッカケは太陽の光(芳賀友輔)
  • 大切な紙切れ(土屋麻理)
  • 飲み屋から見るまち 寿町(井上涼)
  • わたしの暮らすまち(檜山永梨香)
  • マニュアルではないからこそ(大川将)
  • ムリと退屈(加藤文俊)

f:id:who-me:20161120071728j:plain

深浦キャンプ2(ドキュメント)

ビデオでふり返る

11月11日(金)から13日(日)の成果報告会までをつないだダイジェストビデオです。このビデオは、現地にいるあいだに撮影と編集を済ませ、「キャンプ」のプログラムのなかで上映・鑑賞する「リアルタイム・ドキュメンテーション」の試みです。

◉撮影・編集:武市陽子・橋本彩香・家洞李沙

f:id:who-me:20161113115107j:plain

【2016年11月13日(日):黄金崎不老ふ死温泉(ロビー)で、ビデオの上映会。】