まちに還すコミュニケーション

場のチカラ プロジェクト|Camp as a participartory mode of learning.

「つきみててん」へ行こう。(1)

今年は、初のオンライン開催。

「つきみててん」によせて

また展覧会を準備する季節になった。いつも、冬の訪れを合図に「フィールドワーク展」に向けて慌ただしく動きはじめる。ずいぶん前から決まっていたはずなのに、なかなか準備がすすんでいなかったり、進捗がきちんと共有されていなかったり。学生たちに苦言を呈しながら、ドキドキしながら、不思議な高揚感とともに過ごす。毎年それをくり返して、17年目である。

そしていまは、ちがう意味でドキドキしながらこの文章を書いている。今年はCOVID-19の騒ぎで、ぼくたちの活動が大きく制限されることになった。そもそも、フィールドワークは移動が前提だ。じっとしているわけにはいかない。そして、人びとと語らい距離を縮めようとするのが基本だ。密度の濃いコミュニケーションこそが、フィールドワークを豊かで起伏に富んだものにする。でも、多くのコミュニケーションが画面越しの平坦なものになってしまった。

この一年近く、ぼくたちは窮屈な毎日のなかでも探究心を失うことなく、あれこれと工夫をしながら活動を続けてきた。「距離」について、あらためて考える機会にもなった。「フィールドワーク展」は、ぼくたちにとって大切な場所だ。じゅうぶんに注意をしながら、展覧会を開こうと思う。元気に生きのびていることを、見てほしい。

1月の満月の晩に、「つきみててん」のウェブが公開された。眩しくて綺麗な月だった。欠けたり満ちたり。あと2回満月を眺めたら、まもなく展覧会のはじまりだ。

2020年12月1日
加藤文俊

https://vanotica.net/fw1017/ より)

 ぼくたちは、毎年2月上旬に「フィールドワーク展」を開催しています。学部4年生・大学院生のプロジェクト報告や、学部1〜3年生のグループワーク、全国のまちを巡る「キャンプ」の試みなど、加藤文俊研究室の1年間の活動成果を報告する場です。2004年度に第1回を開催して以来、17回目となります(参考:これまでに開催した「フィールドワーク展」一覧→ http://fklab.today/exhibition)。

今回は「つきみててん」というタイトルで、展示の準備をすすめてきました。

そもそも、フィールドワークは身体全体で受けとめる体験なので、その成果はパネルにしたり展示台に載せたりできる性質のものではありません。しかしながら、あえて何らかの形をあたえることで、会話のきっかけをつくることができます。語られることによって、フィールドワークの体験が(不完全ながらも)再現されます。なにより、まちなかで展覧会を開くのは、フィールドで考えたこと・気づいたことは、ふたたびフィールドに「還す」べきだと考えているのです。

この時期に開催するのは、学期末・年度末というタイミングだからです。それは、多くの卒業生(何人かは9月に卒業)にとって大切な「節目」にあたります。つまり、ケジメをつけて修了・卒業しようということ。いっぽう、あたらしくメンバーとして参加を希望している・検討している学生にとって、加藤研の具体的な活動内容を知るよい機会になると考えています。
ぼく(ぼくたち)の活動については、書籍や論文をとおして知ることができます。大学で担当している授業(たとえば「フィールドワーク法」「リフレクティブデザイン」「インプレッションマネジメント」など)を受講すれば、基本的な考え方や人となりに直接触れることになります。もちろん、シラバス(https://camp.yaboten.net/entry/21s)には事務的なこともふくめ、あれこれと書かれています。
そして、このちいさな展覧会。会場にいる研究室メンバーとのコミュニケーションをとおして、ぼくたちの活動を近くで見てもらえればと思います。

f:id:who-me:20210122063732p:plain
「フィールドワーク展XVII:つきみててん」は、オンラインで開催することになりました。詳細は https://vanotica.net/fw1017/ ほかで随時お知らせします。

 いうまでもなく、2020年度は特別な1年です。多くの場面で、フィールドワークやインタビューといった方法を用いながら活動してきたので、COVID-19によって動きを止められてしまいました。まちに出かけて人に会い、一緒に(食べたり飲んだりしながら)語らうことが、ぼくたちにとって大切な「方法」です。すべてが「密」を前提に成り立っている、というより「密」を生むための態度について学んでいたのです。春学期は、ぼく自身、とにかく苦しみました。

秋学期からは少しずつキャンパスに戻れるようになり、「非接触型」のフィールドワークを試していました。展覧会については、みなとみらい(横浜市西区)のBUKATSUDO(2015〜2017年度の会場です)を会場に決めて、じゅうぶんな感染予防対策を前提に、予約制で開催するつもりでいました。

f:id:who-me:20160207183650j:plain
2016年2月6日:フィールドワーク展XII:こたつとみかん(BUKATSUDO)

しかしながら、新年早々にふたたび「緊急事態宣言」が発出され、それにともなって大学の「学外行事」にかんするガイドラインも書き換えられました。準備や設営などのことも考えると、やはり密度の高い状況をつくってしまうことになります。学生たちに注意する立場にいながら、ぼく自身も、やはりフェイストゥフェイスの場面では(これまで封じられていた分だけ)油断しておしゃべりに興じてしまいそうな気もします。結局のところは、それなりの人数が集うことになる。なかには不安に感じる人もいるはず。よくよく考えて、オンラインで開催することにしました。

これは、かなり苦渋の決断でした。学生はもちろんだと思いますが、ぼく自身もこれまで16年間続けてきただけあって、かなり凹みました。でも、展覧会を閉じるわけではなく、オンラインでもいきいきとした「場所」をつくれるのではないかと、気持ちを切り替えました。遠くに離れているみなさんにも、しばらくご無沙汰している人にも、オンラインだったら会えるのではないかと思いはじめています。だとすれば、ちゃんと宣伝しなくては…。

すでに「広報担当」の学生たちを中心に、Facebookのページ(https://www.facebook.com/fw1014/)やInstagram(https://www.instagram.com/tsukimiteten_1017/)で展示内容の紹介がはじまっています。その内容と重複する部分もあると思いますが、ぼくの立場から、いろいろと大変だった1年間をふり返りつつ、「つきみててん」の見どころなどを書いていきたいと思います(全4回を予定)。

(つづく:次回は「加藤研の1年編」です。)

camp.yaboten.net

exploring the power of place - 049

【本日発行】️ ❄️きょうは大寒。なにより、みんな元気に過ごしましょう。加藤研のウェブマガジン“exploring the power of place” 第49号(2021年1月20日号)のテーマは、「距離」です。→ https://medium.com/exploring-the-power-of-place/tagged/049
◎ 第49号(2021年1月20日号):距離(4)
  • 番組表(加藤 文俊)
  • 遠いけど近い、近いけど遠い(日下 真緒)
  • 「楽しむ気持ち」(巌間 風夏)
  • 今日が最終回だとしたら(堤 飛鳥)
  • 祖母とわたし(笹川 陽子)
  • 腐れ縁な悪友(牧野 岳)
  • 通学という旅路(中田 早紀)
  • わたしたちの季節(佐藤 しずく)
  • 「ぎこちない」からはじまる(龍花 慶子)

f:id:who-me:20210119235116j:plain

研究会シラバス(2021年度春学期)

大学のオフィシャルサイト(SOL-A)にある「研究会シラバス」も参照してください。

※ 加藤研メンバー(2021年1月1日現在):大学院生 9名(博士課程 4名・修士課程 5名; 休学中の学生をふくむ)・学部生 22名(4年生 6名・3年生 11名・2年生 3名・1年生 2名)

 (2021年1月5日)現在シラバス入力中です。ひとまず、簡単な概要と資料のリスト、スケジュール案を公開しています。随時更新予定です。

はじめに

ぼくたちは、絶えずコミュニケーションしながら暮らしています。ワツラヴィックらは、『人間コミュニケーションの語用論』(二瓶社, 2007)のなかで「コミュニケーションにおけるいくつかの試案的公理」について述べています。その冒頭に挙げられているのが、「We cannot NOT communicate(コミュニケーションしないことの不可能性)」です。つまり、ぼくたちは、いつでも、どこにいても、コミュニケーションせざるをえない。非言語的なふるまいはもちろんのこと、沈黙もまたメッセージであることに、あらためて気づきます。
そして、コミュニケーションについて考えることは、(いつ・どこで・だれが)集い、(何を・ どのように)語らうのかを考えることだと理解することができます。つまり、コミュニケーションへの関心は、必然的に「場所」や「場づくり」への関心へと向かうのです。この研究会では、コミュニケーションという観点から、人びとの「移動」や人びとが集う「場所」の成り立ち、「場づくり」について実践的な調査・研究をすすめています。

ことばを大切に正確につかいたい。つねにそう思いながら活動することを心がけています。たとえば「地域活性化」「まちづくり」「コミュニティ」など、 それっぽくて、その気になるようなキーワードはできるかぎり排除して、慎重にことばをえらびたいと考えています。つまり、コミュニケーションに執着するということです。「わかったつもり」で、ことばをえらばないこと。そして、相手(受け手)を考えて丁寧に語る/表現する姿勢を執拗に求めることです。

ぼくたちは、フィールドワークやインタビューに代表される質的調査(定性的調査)を重視していますが、新型コロナウィルスの感染拡大にともない、方法そのものの再定義・再編成が必要となりました。とりわけ、人びとの暮らしに接近し、能動的にかかわりながらその意味や価値を理解しようという試みは、対面での「密な」コミュニケーションを前提として成り立っており、現在の状況下では、調査研究そのものが大きな制約を受けています。
いっぽう、現況下における会議や講義のオンライン化の試みをとおして、あらたな〈現場観〉が醸成されつつあります。さまざまなメディアを駆使し、さらに時間・空間を再編成することによって、定性的調査のありようはどのように変化するのか。2021年度春学期は、人びとの移動、集まり、社交などのふるまいをとらえなおし、オンライン環境における質的調査について検討することも、大切な課題になるでしょう。

 参考資料

たとえば、下記を読んでみてください。コミュニケーションやメディアについてどう考えているか、「キャンプ」や「場づくり」の実践、理論的・方法論的な関心、具体的な事例などについて知ることができます。

  • 荒井良雄ほか(1996)『都市の空間と時間:生活活動の時間地理学』古今書院
  • ジョン・アーリ(2015)『モビリティーズ:移動の社会学』作品社
  • 海野弘(2004)『足が未来をつくる:〈視覚の帝国〉から〈足の文化〉へ』洋泉社
  • アンソニー・エリオット+ジョン・アーリ(2016)『モバイルライブス:「移動」が社会を変える』ミネルヴァ書房
  • 佐藤郁哉(2006)『フィールドワーク(増補版):書を持って街に出よう』新曜社
  • 清水義晴・小山直(2002)『変革は、弱いところ、小さいところ、遠いところから』太郎次郎社
  • 橋本義夫(1978)『誰にでも書ける文章:「自分史」のすすめ』講談社現代新書
  • ドロレス・ハイデン(2002)『場所の力:パブリックヒストリーとしての都市景観』学芸出版社
  • エドワード・ヒュームズ(2016)『「移動」の未来』日経BP
  • ケン・プラマー(1991)『生活記録の社会学:方法としての生活史研究案内』光生館
  • パウロ・フレイレ(1979)『被抑圧者の教育学』亜紀書房
  • ウィリアム・ホワイト(2000)『ストリート・コーナーソサエティ』奥田道大・有里典三(訳)有斐閣
  • ジョン・ヴァン・マーネン(1988)『フィールドワークの物語:エスノグラフィーの文章作法』現代書館
  • 宮本常一・安渓遊地(2008)『調査されるという迷惑:フィールドに出る前に読んでおく本』みずのわ出版
  • ポール・ワツラヴィックほか(2007)『人間コミュニケーションの語用論:相互作用パターン、病理とパラドックスの研究』二瓶社
  • 加藤文俊(2018)『ワークショップをとらえなおす』ひつじ書房
  • 加藤文俊(2017)「ラボラトリー」とデザイン:問題解決から仮説生成へ『SFC Journal』第17巻第1号 特集:Design X*X Design: 未知の分野における新たなデザインの理論・方法の提案とその実践(pp. 110-130)
  • 加藤文俊(2016)『会議のマネジメント:周到な準備、即興的な判断』中公新書
  • 加藤文俊(2016)フィールドとの「別れ」(コラム) - 工藤保則 ・寺岡伸悟 ・宮垣元(編著)『質的調査の方法〔第2版〕』(pp. 156-157)法律文化社
  • 加藤文俊(2015)フィールドワークの成果をまちに還す - 伊藤香織・紫牟田伸子(監修)『シビックプライド2 国内編』第1部(p. 77-84)宣伝会議
  • 加藤文俊(2015)『おべんとうと日本人』草思社
  • 加藤文俊・木村健世・木村亜維子(2014)『つながるカレー:コミュニケーションを「味わう」場所をつくる』フィルムアート社
  • 加藤文俊(2013)「ふつうの人」のデザイン - 山中俊治・脇田玲・田中浩也(編著)『x-DESIGN:未来をプロトタイピングするために』(pp. 157-180)慶應義塾大学出版会
  • 加藤文俊(2009)『キャンプ論:あたらしいフィールドワーク』慶應義塾大学出版会
  • 加藤文俊研究室(2016-)Exploring the power of place → https://medium.com/exploring-the-power-of-place *2016年5月に刊行した、加藤研のウェブマガジンです。毎月1回、メンバーが分担して記事を書いています。テーマの方向性や雰囲気がわかるはずです。
  • 荒木優太×加藤文俊(2017)フィールドワークと在野研究の現代的方法論 → https://www.10plus1.jp/monthly/2017/04/issue-03.php
  • 加藤文俊(2014)まちの変化に「気づく力」を育むきっかけづくり(特集・フィールドワーカーになる)『東京人』5月号(no. 339, pp. 58-63)都市出版
  • 加藤文俊(2014) ツールを考えるということ(特集・フィールドワークとツール)『建築雑誌』12月号(Vol. 129, No. 1665, pp. 32-35)日本建築学会
  • 「瞬間」をつくる[AXIS jiku 連載コラム「x-DESIGN/未来をプロトタイピングするために」Vol. 4 加藤文俊×藤田修平(2013年6月)] [http://goo.gl/xSfKx]
  • まちを巡り、人びとの暮らしに近づく。 地域の魅力を照らす、フィールドワークという方法と態度。[SFCオフィシャルサイト:SFCの革命者(2011年7月)] [http://www.sfc.keio.ac.jp/vanguard/20110726.html]

2021年春学期の活動

キャンプ:全員(学部生+大学院生) 2021年度春学期は、「キャンプ」を2回実施する計画です。

  • 5月14日(金)〜16日(日):調整中
  • 6月18日(金)〜20日(日):調整中

卒業プロジェクト:7-8セメスター(個人) 4年生は、それぞれのテーマで「卒プロ1」「卒プロ2」に取り組みます。

フィールドワーク:1-6セメスター(グループ) グループに分かれてフィールドワークをおこないます。2021年度春学期のテーマは「」です。

研究会の履修について

◎新規履修希望者
何度かやりとりしながら、履修者をえらびたいと思います。ちょっと面倒かもしれませんが、お互いのためです。結局のところは「えらび、えらばれる」という関係が大事だからです。
まずは、このページ → https://camp.yaboten.net/entry/21s をじっくり時間をかけて読んでください。
それから、下記の (1) (2) をまとめてください。その上で(必要に応じて) (3) やりとりしたいと思います。

(1) エッセイ:以下のいずれかのタイトルで、エッセイ(600字程度)を書く。

  • 荷づくり
  • 原稿用紙
  • 写ルンです
  • 福袋
  • テールランプ
  • 仮病

(2) 志望理由 :なぜ、この研究会に興味をもったのか。じぶんはどのようにかかわるつもりかを文章化する(1000〜1200字程度)。過度な自己PRは避けるように。かならず、 https://camp.yaboten.net/entry/21s に書かれた内容と具体的に関係づけて書いてください。

  • 提出期限: 2021年2月22日(月)22:00 時間厳守
  • 提出方法:メールで 21s [at] fklab.net 宛てに送ってください。他のアドレスに送られらたものは、読まない(というより、見落とす)場合があるので注意。

かならず、学部、学年、名前、メールアドレスを明記すること。 質問・その他についても、同様に21s [at] fklab.net宛てにメールを送ってください。@の前は、21s(エスは小文字です。)

  • .txt、.doc(.docx)、または.pdf形式のファイルを添付してください。
  • メールの件名は、かならず「2021s」としてください。期限遅れ、宛先の誤り、内容の不備等がある場合は選考対象にはなりません。

(3) コミュニケーション :いつも、可能なかぎり、会って話をする機会をつくることにしています。

  • すすめかた: 2021年2月22日(月)以降に メールで連絡します。そのあとは、予定を調整してオンライン(状況によっては対面)で面談します(15〜20分程度)。

◎継続履修希望者
2020年度秋学期「研究会A」履修者で、2021年度春学期も継続履修を希望する学生については、別途連絡します。

exploring the power of place - 048

【本日発行】️気づけば、今年も残すところわずか。身体も心も暖かくして過ごしましょう。加藤研のウェブマガジン“exploring the power of place” 第48号(2020年12月20日号)のテーマは、「距離」です。→ https://medium.com/exploring-the-power-of-place/tagged/048

◎ 第48号(2020年12月20日号):距離(3)
  • コンタクトレンズなしで見る世界は意外と心地が良い(田村 糸枝梨)
  • ノリコさん 2(坂本 彩夏)
  • 笑うサーファー(芝辻 匠)
  • 愛おしき日々は坂道と共に(喜安 千香)
  • それでもあえて(染谷 めい)
  • 距離と心地よさ(牧野 渚)
  • だから僕はファンを辞めた(安藤 あかね)
  • 運転していれば、嫌でも慣れる(安田 浩一郎)
  • 気が遠くなるほどの近さ(中田 江玲)
  • オババ様と私(入江 桜子)
  • 移動距離という鏡(山田 琴乃)

f:id:who-me:20201220072839j:plain

exploring the power of place - 047

【本日発行】️🍂秋学期も折り返し。30年前の懐かしいアルバムに針を落とし、回転するレーベルを眺めながらあれこれ想います。加藤研のウェブマガジン“exploring the power of place” 第47号(2020年11月20日号)のテーマは、「距離」です。→ https://medium.com/exploring-the-power-of-place/tagged/047
◎ 第47号(2020年11月20日号):距離(2)
  • ぎこちない距離(加藤 文俊)
  • つながれた関係(中田 早紀)
  • 縮まらない距離(飯盛 いずみ)
  • ただそこにいるという安堵の中で(岩崎 はなえ)
  • 距離と境界(龍花 慶子)
  • 幼稚園児(兼井 祐太)
  • 距離は伸びるよ/縮むよ、どこまでも(牧野 岳)
  • レンズ越しの距離(日下 真緒)
  • 妹がVRChatを始めた。(太田 風美)

f:id:who-me:20201120071013j:plain