まちに還すコミュニケーション

場のチカラ プロジェクト|Camp as a participartory mode of learning.

鳥取でいきなりジン

2024年6月20日(木)

8月のはじめに予定されている高校生を対象とするワークショップの下準備(事前リサーチ)のために、鳥取に行くことになりました。ぼくは、これまでワークショップを担当してきましたが、今年はサバティカル(特別研究期間)なので8月は不参加。それでも、ワークショップを担当する高汐さん、瀧田さんのご厚意で、加藤研の学生・大学院生数名とともに、今回のリサーチにおじゃますることになりました。

ぼくたちのフィールドワークのやり方・まとめ方を紹介しつつ、8月のワークショップ参加者の課題設定に役立つような素材を集めて整理することを目指します。午前中は、キックオフミーティングで中心市街地の現況やさまざまな試みについて学び、午後は高汐研との混成チームで、鳥取駅界隈(おもに若桜街道)を歩き、その内容をまとめた折り本(ZINE)をつくることになりました。
ちなみに、4月の終わりに渋谷で実施した「いきなりジン」では、正味3時間でフィールドワークと制作をおこないました。今回は、5時間ちょっとで完成させることになります(下記のスケジュールを参照)。

ちがう研究室(研究会)に所属しているとはいえ、学生たちはおなじキャンパスに通っているわけで、(見たところ)難なく打ち解けていたようすでした。あらかじめ、前日の打ち合わせを経て、それぞれのグループがどのような着眼点でまちを歩くのか、ゆるやかに設定されていました。

スケジュール
  • 10:30〜 キックオフ ミーティング(鳥取市役所 会議室)
    • 未来構想キャンプの概要について
    • インプットトーク
  • 12:00ごろ〜 各グループでランチ → まち歩き
  • 15:00ごろ〜 アイデア出し、デザイン・レイアウト作業(鳥取県庁 会議室)
  • 17:30 印刷・加工(切る・折る)
  • 18:30ごろ〜 食事・成果報告/講評(鳥取港海鮮市場かろいち)
いきなりつくったZINE

[1] 歩きながら聴く(宇治川 遥祐・島田 愛里・宮下 理来)

街を歩くとき、惹かれるのは看板や匂いだけじゃないはず。私たちは街中の"音"に注目し、街歩きの方法を再提案しました。街に溢れる車のエンジン音が止み、一瞬の寂しさにつつまれたり。川のせせらぎが私たちを足止めしたり。街の音は私たちの歩くテンポを作り出します。街歩きは街という楽譜をなぞる行為なのかもしれません。

 

[2] GO OUT WITH かわいい(河井 彩花・坂本 紅都・松本 仁奈)

わたしたちは、「かわいいロボットとのインタラクションの研究」をテーマにまちを歩きました。折本は、まちを歩きながら注目したモノを左ページに、そこから発想したロボットのアイデアを右ページに載せました。いま目の前にあるものを見つめる視点と、これから作りたいものを考える視点が組み合わさった冊子になりました。

 

[3] 全力体現若桜街道(池本 次朗・小橋 龍人・塩谷 明日香)

看板の文字やモニュメント、植物にアーケード…。商店街には、私たちの気持ちを揺さぶるものがたくさんありました。私たちのグループは、そんな「心が動くもの」を文字通り全身で表現した写真集を製作しました。ただ見るだけでなく、見たものを表現しようとしながら歩くことで、街への向き合い方が大きく変化することに気づきました。

 

[4] でこぼこ(大浦 早貴・瀧澤 将音・瀧田 塁・蓮見 まどか)

私たちは「触覚」に注目して、街を歩きながらさまざまな物(形や素材は様々)に触れました。物に触れるとオノマトペを使って共有したくなり、個人の実感は共感へとつながります。また、物は触れられることでその歴史が更新され、過去から現在までのなりゆきを想像させます。触覚を通じて私たちは街と積極的に関われるかもしれません。

[01][04]は、A3サイズに片面で印刷し、一部に切り込みを入れてから折り本にします。
[02][03]は、A3サイズに両面で印刷し、一部に切り込みを入れてから折り本にします。

Day 3: ポスター展と骨付き阿波尾鶏 🐢

2024年5月26日(日)

6:00前に起床。すべてのデータが揃ったというメッセージが届いていたので、ひと安心。予報では曇り(晴れ)だったが、雨がぱらついている。今朝は、これからポスターを印刷するので(それがまずは大切)、プリンターをクルマに載せたままだと雨に濡れてしまうかもしれない。調べてみたら、9:30くらい(印刷をはじめる時刻)には、雨雲は移動しているはずだ。ひとまず朝ごはんは、コンビニでコーヒーとサンドウィッチを買って簡単に済ませた。

谷屋に着くと、空が少し明るくなってきたので、しばらくようすを見ることにした。でも、雨は弱まったり、また勢いを増したり。どうもはっきりしないので(そして、ずっとのんびり待っているわけにもいかず)、プリンターをクルマから降ろして、谷屋の軒下にはこんで印刷することにした。
今回は、全部で9枚ある。何度かインク交換やヘッドクリーニングのメッセージを受け取りつつも、印刷は順調にすすんだ。すでに、何度か「外」での印刷を試しているが、モバイルバッテリーで問題なく印刷できる。開始するときに100%充電の状態で、A1サイズのポスターを9枚印刷したあとでも、99%だった。せっかくなので、プリンターはクルマに載せたままポスターを印刷したかった(ぼくの勝手な、『顔たち、ところどころ』ごっことして)。

成果報告会と「ポスター展」は12:30からなので、その間は、会場づくりや報告の準備に充てることにしている。なんとなく間延びしてしまうのだが、準備の段階で、これまでにもいろいろと予期せぬことが起きた。だから、なるべく安全に、時間に余裕をもたせるようにしている。時刻になると、まちの人びとがやって来る。事前にその旨案内を出しているが、まちによって時間感覚がちがう。あるまちでは、告知していた時刻の10分くらい前にはみなさんがやって来て、予定どおりの動きを(暗に)求められた。別のまちでは、聞いたところ、記載されている開始時刻になったら家を出るくらいの感覚だといわれた。ここは、どうなのだろう。なんとなく、このまちは緩やかな感じではないかと想像していた。

印刷にくわえて、ポスターをどのように展示するか(掲出するか)を考えなければならない。これは、行き先(会場)によって、条件がことなる。たとえば、今回、作業や展示のために使えることになった谷屋(たんにゃ)は、1870年(明治3年)ごろに建てられたという由緒ある場所だ。改装して、あたらしい(まだぴかぴかの)木に貼り替えられているところもあるが、黒光りする柱や欄間を見ると、時代を感じる。ささやかながらもポスター展をひらくので、できあがったポスターを部屋を囲むように提げて、一覧できるようにしたい。ここでは、テープや釘の類いは使えない。いろいろ考えて、洗濯物用(物干し竿用)のクリップを使って、長押にはさんで留めることにした(じつは、昨日の段階で現場を見つつ、ホームセンターでクリップを買っておいた)。

ほぼ定刻にみなさんがやって来て、成果報告会がはじまった。順番にペアごとに昨日の取材先について説明し、どのように過ごしたかについて語る。ポスターを披露して、それを部屋に提げる。これは、いつもどおりの流れ。一枚一枚、説明がすすむごとに、部屋がポスターで彩られていった。
学生たちの報告は、たいてい持ち時間(各ペア3分くらいということになっている)には収まらない。ある種の高揚感につつまれているようで、学生たちは饒舌になる。それを目の当たりにするとき、濃密な時間を過ごしたことがわかる。ポスターの出来はもちろんだが、それ以上に、この最後の報告会のときの雰囲気で「キャンプ」の面白さを実感する。直接体験があると(そしてその直後は)、語りたくなるのは、ごく自然なことだ。

そのあとは、しばらく歓談の時間。ポスターの「モデル」になった人と、ポスターをつくった学生たちが、ポスターを眺めながら語らったり、記念撮影をしたりする。この時間が、とても好きだ。最初のきっかけづくりから下見、準備などもふくめ、すべてはこの時間のためにあるような、そんな気分になる。
そして、みんなでダイジェストビデオを観る。2泊3日の出来事をふり返ると、一人ひとりの体験が、短い時間に凝縮されていることがわかる。

雨はすでに上がって、晴れてきた。無事に予定していた活動は終わって、解散。多くの学生は、駅に向かっていそいそと移動しはじめた(一本逃すと、飛行機の出発時刻に間に合わなくなる)。

ぼくは、明日の船に乗る予定なので、もう一泊することになっていた。美波をあとにして、1時間ちょっとのドライブで徳島駅に到着。ホテルにチェックインしてから、ふたたび数名の学生たちと合流して、阿波尾鶏の店に行って食事をした。いつものことながら、「キャンプ」はあっという間に終わってしまう。

一鴻 徳島駅前店 (イッコウ) - 徳島/居酒屋 | 食べログ

美波キャンプ(ドキュメント)

ビデオでふり返る

2024年5月24日(金)から26日(日)の成果報告会までを記録した、ダイジェストビデオです。このビデオは、26日(日)の成果報告会のなかで上映しました。

◉撮影・編集:小田 文太郎・黒木 郁也

2024年5月26日(日)成果報告会のようす(谷屋)

Day 2: フィールドワークとカレー 🐢

2024年5月25日(土)

いよいよ「美波キャンプ」のはじまり。ケアンズ(駅前のビジネスホテル)で目覚めた。調べたら、うみがめつながりで、美波町(旧 日和佐町)とケアンズ市(グレート・バリア・リーフの「玄関口」)は、姉妹都市を締結していることがわかった。すでに、2019年には締結50周年を迎えているようだ。よく晴れていて、きょうは、暑くなりそう。集合時間までまだ余裕があるので、大浜海岸まで行ってみた。

9:45ごろに谷屋に集まって、段取りの確認。名札やおみやげを配って、準備をした。約束の時刻が近づいてきて、学生たちはペアになって、それぞれの取材先に向かって出発した(一部のペアについては、谷屋で落ち合う)。

この「キャンプ」の試みは、すでに20年くらい続けているが、事前の準備がそれなりに大変だ。おなじ場所に通いつづけるような「実習」を組み立てるなら、少しずつなじんでいき、人びととの関係を深めてゆくことができる。しだいに地理感覚も養われるし、「見えない」ルールや土地の慣習も学ぶことになる。たまに行く「訪問者」であったとしても、なんとなく見留めてもらえるはずだ。
でも、ぼくは全国のいろいろなまちを巡ろうという方向性をえらんだ。そのため、いつも、出かける先はほとんど手がかりのない場所で、しかも2泊3日程度の滞在中に成果をまとめることになる。おなじ活動のくり返しだが、毎回、行った先々ではあたらしい気分で過ごす。

ただ、その準備にエネルギーと時間を使っておくと、「本番」は上手くいくように見守るだけになる。もちろん、なんかあったときには動けるようにしているが、丁寧に準備をしておけば、時間的にも心理的にも余裕が生まれる。今回は、午後にカレーをつくると決めていたので、「キャンプ」に参加する大学院生2名を「カレー要員」に任命し、さらに今回の「美波キャンプ」のことを聞いて訪ねて来てくれるという神山町の友人たちのこともあてにしつつ、5名でカレーをつくる計画だった。

まずは、かんちゃん(神社さん)から、「たまねぎがあるよ」とのメッセージをもらっていたので、畑に。にんにく、パセリ、ローズマリーもいただいた(カレーに使うたまねぎは買わずに済んだ)。昼頃に神山町の友人が到着し、うどん(やくよけうどん)を食べてから、買い出し。今回は、「うみがめラボ」という施設のキッチンを借りることができた。本当に気持ちのいい日で、開放的なキッチンを風が抜けてゆく。すぐそばにグラウンドがあって、野球をする声を聞きながら、カレーをつくりはじめた。

調理がはじまると、学生たちの取材やポスター制作のことは頭から離れてしまう。たまねぎをひたすら炒めて、スパイスの香りを吸い込みながら過ごす。こどもたちの野球に同行していたお父さんが「ここはお店ですか」とたずねてきた。カレーのにおいが風に乗って、グラウンドまではこばれていたのだろうか。17:00ごろにカレーが完成。ほどなく学生たちがやって来て、外にあるベンチに腰をおろしてカレーを食べた(カレーのことについては、別途まとめる予定なので、ここではこのくらいで…カレーの写真もあえて載せずにおく)。

片づけを終えて谷屋へ。畳の間で、みんなが作業をしている。この光景もひさしぶりで、懐かしい気分になる。PCの画面を二人でのぞき込みながら、ポスターづくりをすすめている。
すっかりカレーのモードになっていたが、プリンターのチェックのことは忘れていなかった。今回は、クルマに大判プリンターと調理器財を載せて来た。荷室はいっぱいだが、プリンターはクルマに載せたままポスターを印刷できる(ようになっている)ので、谷屋の駐車場で試しにポスターを印刷してみた。無事に動いたので、あとは、ポスターのデータが完成するのを待つだけだ。

「キャンプ」のあいだは、「待つ」ことが多い。鍋のなかのカレーは、しばらく待っていると味が決まってくる。ポスターもおなじだ。時間をかけていると、少しずつ整ってゆく。急いで仕上げようとせず、ゆっくり「待つ」こと。それは、そのあとが楽しみだからだ。
谷屋の利用は、22:00までと決まっていたので、ひとまず解散。すでにいくつかのポスターのデータは提出されている。ぼくは、ケアンズに戻って、データが揃うのを待つことにした。きょうは、朝からよく動いた。

やすらぎ - 日和佐/うどん | 食べログ

Day 1: 美波町へ 🐢

2024年5月24日(金)

5:30くらいに起床。海は穏やかだ。さっそく浴場へ。朝早いからか、誰もいない。フェリーで(つまり洋上で)湯船に浸かるのは、なかなかいい(しかも今朝は独り占めだ)。肩まで浸かると、目の前の窓の外には大海原。そして、景色が動いている。船の揺れもあるから、浴槽のお湯も波打っている感じで面白い。少しずつ、晴れてきそうな空だ。

そして朝食。このフェリーにはレストランがない。そのかわり「オーシャンプラザ」というエリアがあって、自動販売機がずらりと並んでいる。2年前に乗ったときにも驚いたが、フェリーに乗っている間は、自動販売機と電子レンジと給湯器に頼ることになる。なかには、ふだんはあまり見ることのないレトルト食品(冷凍食品)もある。とんでもなく美味しいということもないが、迷うくらいの数のメニューが並んでいるし、いちいち両替をして(現金しか使えない)、まちがえないように慎重にボタンを押す感じは、わりと楽しい。そして、行儀よく電子レンジの列に並ぶ。朝食はコーヒーとパンで簡単に済ませた。

この自販機コーナー(オーシャンプラザ)は、どうやら「フェリー飯」としてテレビで紹介されたようで、派手なポップで覆われていた(こんなにカラフルだったっけ…と思って2年前に書いたブログを見たら、何の飾りもない自販機だった)。やはり食べることは大事なわけで、この自動販売機の周りには人がたくさんいる。電波もないし、船に揺られているあいだは、のんびり身を任せておくしかない。みんな、飲んだり食べたり(眠ったり)しながら過ごしている。右舷には、ずっと陸が見えている。おそらくは和歌山県沖だ、と遠くを眺めながら、数年前に串本に行ったことを思い出した。
とりあえず15巻ほど(全33巻のうち)船内に持ち込んだ『団地ともお』は、ほとんど読めなかった。いま、団地の調査をすすめているので、書籍や論文だけではなく、団地が舞台になっている映画や漫画などを読んでいる。船の18時間でたくさん読もうと思っていたが、2巻まででストップ。全巻読み終えるには、もうしばらく時間がかかりそう。

ほぼ定刻どおり(13:20ごろ)徳島港に到着。そこから美波町を目指す。道はすいていて、途中からは3月の下見のときに運転した道(そのときはレンタカー)だったので、ちょっと懐かしいような、「ただいま」のような気持ちでドライブした。15:00前には日和佐駅に着いた。ちょうど、徳島駅から到着した学生たちに出くわしたので、一緒に谷屋(たんにゃ)まで歩いた。
谷屋は、由緒ある旧廻船問屋で、いまはその一部が「地ビール地域活性化プロジェクト事業」の拠点として、整備がすすめられている。今回は、ご縁があって、谷屋を作業スペースに使わせていただけることになった。地ビールの事業は秋くらいに本格稼働とのことだが、すでに準備はすすんでいて、醸造用のタンクがあったり、土間には冷蔵ショーケースや冷凍庫が置かれていたり、ビール瓶が並びはじめたら、ここが楽しい場所になることはまちがいない。

16:30に谷屋に集まったのは、参加メンバーの半数くらい。一人ひとりが、それぞれの都合と経路で美波町までやって来た。大まかに土・日の流れを確認をして、そのあとは、それぞれでまちに散って夕食。あらかじめ、いくつかオススメの店を聞いておいた。まだ到着していない学生もいるが、実質的には明日の朝から動くので、こんな感じでいいのだろう。まだ明るいうちから食事をして(ぼくたちは、開店と同時に店に入った)、少しゆっくりと過ごして、これからの2日間のための鋭気を養うということだ。1軒目は、下見に来たときにランチを食べた店へ。そして、2軒目へ。しめは、醤油ラーメン。

ひわさ屋 - 日和佐/日本料理 | 食べログ

平和園 - 日和佐/居酒屋 | 食べログ