まちに還すコミュニケーション

場のチカラ プロジェクト|Camp as a participartory mode of learning.

玉名キャンプ

玉名で考える・つくる

(準備中です)

フィールドワーク型のワークショップを「キャンプ」と呼んで、学生たちとともに全国のまちを巡っています。まちで出会った人びとに話を聞いて、ひと晩でポスターをつくります。やや荒削りではあるものの、まちに暮らす人びとの姿をできるかぎり自然に映しとり、ことばを添えます。「まちに還す」ことの大切さと面白さを味わいながら、ポスターづくりのプロジェクトは15年近く続いています。

【きっかけ|つながりの系譜】

(2023-8-1)玉名キャンプ(熊本県)の準備を開始。

  • 日時:2023年12月8日(金)〜10日(日)(現地集合・現地解散)*8日は移動日
  • 場所: 玉名(熊本県)
  • 参加メンバー:加藤文俊研究室

スケジュール(暫定版)

12月8日(金)
  • 18:00 集合:草枕山荘(〒861-5401 熊本県玉名市天水町小天511-1)(予定)
  • 20:00 オリエンテーション(仮)
12月9日(土)
  • 10:00 オリエンテーション
  • 10:30ごろ〜14:30ごろ インタビュー/フィールドワーク(グループごとに行動・取材先に応じて随時スタート)
  • 15:00ごろ〜 デザイン作業(グループごとに行動):インタビュー/フィールドワークで集めてきた素材をもとに、編集作業をすすめます。
  • 18:30 夕食(食後も引き続きデザイン作業)
12月10日(日)
  • 00:00 ポスターデータ提出(時間厳守)
  • 10:30ごろ〜 ポスター展準備 会場:
  • 12:00ごろ〜 「玉名の人びとのポスター展」
  • 14:30ごろ〜 解散

イータ村風俗採集

2023年4月|イータ村を知る

2023年4月18日(火)|あたらしいメンバーを迎えて、竣工したばかりのピカピカの学生寮(Hヴィレッジ)の界隈を、じろじろ、きょろきょろしながら歩いてみました。その後、スケッチを文章とともにまとめた冊子をつくりました。
「風俗採集」は、サインやロゴ、マンホール、下駄箱、植え込みなど、さまざまなモノから、まちを読み解く試みです。言うまでもなく、モノにも人びとの想いや行動が表れています。

文と画:木根景人・河井彩花・篠原彩乃・大森彩加・磯野恵美・坂根瑛梨子・小田文太郎・菱谷光・岩﨑日向子・黄才殷・青山洸・渡邉鋼太郎・小泉大・大西美月・野上桃子・宮下理来・山本凜・白井朔太郎・芝辻匠・門澤菫

編集・発行:加藤文俊研究室(2023年7月10日発行)

A5版変型(148*190)44頁 [PDF版をダウンロードする(8.6MB)]

東岐波キャンプ(ドキュメント)

ビデオでふり返る

2023年6月23日(金)から25日(日)の成果報告会までを記録した、ダイジェストビデオです。このビデオは、25日(日)の成果報告会のなかで上映しました。

◉撮影・編集:⻩ 才殷・門澤 菫・飯島 航太

2023年6月25日(日)成果報告会のようす(岐波自治会館)

camp.yaboten.net

東岐波キャンプ(ポスター)

ポスターをつくる

(2023年6月25日)今回は、11名のかたがたにインタビューをおこない、ひと晩でポスターをつくりました。“ポスター展のポスター”をふくめて12枚。取材にご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

東岐波の人びとのポスター展
  • 会期:2023年6月25日(日)12:00〜
  • 会場:岐波自治会館(〒755-0241 山口県宇部市東岐波1450-2)
  • 成果報告会:2023年6月25日(日)12:30〜 成果報告会をおこないます。(報告のあと、ふり返りビデオ鑑賞・まとめと講評) 成果報告会は終了しました。ありがとうございました。事情により、成果報告会は約45分の遅れでスタートしましたが、無事に終了しました。ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

2023年6月25日(日)|成果報告会のようす(岐波自治会館)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究会シラバス(2023年度秋学期 B2)

B2:場のチカラプロジェクト - まちに還すコミュニケーション

更新記録

(2023年7月29日追記)

(2023年7月15日追記)

  • 「研究会B2」と「研究会B1」の関係を図解したシラバスをつくりました(近日中に公開します)。

(2023年7月11日追記)下記の日程で「研究会」の補講(補習)をおこなうことになりました。見学・聴講は自由です。
「補講」は終了しました。

  • 2023年7月25日(火)13:00〜16:15  デザイン棟B(ドコモハウス)

(2023年7月10日追記)下記の日程で開かれる「2023夏 研究会新歓」(湘南自治会・AIS共催)に参加します。活動内容等について、より具体的に紹介できると思います。
「研究会新歓」は終了しました。

  • 2023年7月19日(水)18:15〜20:00  会場(TBA)
  • 2023年7月20日(木)18:15〜20:00 会場(TBA)

(2023年7月6日)2023年度秋学期のおもな活動(案)、2023年度春学期のおもな活動 を加筆。
(2023年6月23日)2023年度秋学期の活動予定、スケジュール、2023年春学期の活動紹介などについては、準備中です。随時更新するので、マメにチェックしてください。

大学のオフィシャルサイト(SOL)にある「研究会シラバス」も参照してください。

※加藤研メンバー(2023年6月1日現在):大学院生 8名・学部生 23名

もくじ

0 2023年度秋学期の履修について(B2)

思うところがあって2023年度秋学期は「B型」での開講に変更しましたが、「B2」と「B1」を併せて履修することをおすすめします。※B2、B1をともに履修希望する学生を優先的に受け入れることがあります。→(参考:B1のシラバスはここ
何度かやりとりしながら、履修者を決めたいと思います。ちょっと面倒かもしれませんが、お互いのためです。結局のところは「えらび、えらばれる」という関係が大事だからです。大まかな流れは以下のとおり。

【1】まず、シラバス B2(このページです)をじっくり読む。質問などあったら、23f [at] fklab.net 宛てに連絡する。* f(エフ)は小文字、[at] は@に(以下同様)。
【2】「研究会」を見学してみる(7月は11日が最終回)。あるいは「説明会」に参加してみる。
※いろいろと多忙な時期ですが、時間をやりくりして個別に話すことは可能です。その場合は、 23f [at] fklab.net 宛てにメールを送ってください。
【3】下記の (1) (2) をまとめる。その上で(必要に応じて) (3) やりとりしたいと思います。

(1) エッセイ:以下のいずれかのタイトルで、エッセイ(600字程度)を書く。

  • 裸足
  • ポテトチップス
  • 待ち合わせ
  • 万年筆
  • 夜食
  • オーディション

(2) 志望理由:なぜ、この研究会に興味をもったのか。じぶんはどのようにかかわるつもりかを文章化する(1000〜1200字程度)。過度な自己PRは避けるように。かならず、シラバスに書かれた内容と具体的に関係づけて書いてください。

提出期限:2023年8月8日(火)22:00 時間厳守
提出方法:メールで 23f [at] fklab.net宛てに送ってください。他のアドレスに送られらたものは、読まない(というより、見落とす)場合があるので注意。
・かならず、学部、学年、名前、メールアドレスを明記すること。質問・その他についても、同様に23f [at] fklab.net宛てにメールを送ってください。@の前は、23f(エフは小文字です。)
・.txt、.doc(.docx)、または.pdf形式のファイルを添付してください。
・メールの件名は、かならず「2023fb2」としてください。期限遅れ、宛先/件名の誤り、内容の不備等がある場合は選考対象にはなりません。

(3) コミュニケーション:いつも、可能なかぎり会って話をする機会をつくることにしています。
すすめかた:2023年8月9日(水)以降にメールで連絡します。そのあとは、予定を調整して面談(基本は対面、場合によってはオンライン)します(20〜30分程度)。

1 はじめに

ぼくたちは、絶えずコミュニケーションしながら暮らしています。
ワツラヴィックらは、『人間コミュニケーションの語用論』(二瓶社, 2007)のなかで「コミュニケーションにおけるいくつかの試案的公理」について述べています。その冒頭に挙げられているのが、「We cannot NOT communicate(コミュニケーションしないことの不可能性)」です。つまり、ぼくたちは、いつでも、どこにいても、コミュニケーションせざるをえない。非言語的なふるまいはもちろんのこと、沈黙もまたメッセージであることに、あらためて気づきます。
そして、コミュニケーションについて考えることは、(いつ・どこで・だれが)集い、(何を・ どのように)語らうのかを考えることだと理解することができます。つまり、コミュニケーションへの関心は、必然的に「場所」や「場づくり」への関心へと向かうのです。この研究会では、コミュニケーションという観点から、人びとの「移動」や人びとが集う「場所」の成り立ち、「場づくり」について実践的な調査・研究をすすめています。 

いま述べたとおり、人と人とのコミュニケーション(ヒューマンコミュニケーション)が主要なテーマです。既存の学問分野でいうと社会学や社会心理学ということになりそうですが、ぼく自身は、学部を卒業後は「コミュニケーション論/コミュニケーション学」のプログラムで学びました。

何が起きるかわからない…。ぼくたちは、変化に満ちた時代に暮らしています。とくにこの2年半はCOVID-19に翻弄され、これまで「あたりまえ」だと思っていたことを諦めたり手放したりする場面にいくつも遭遇しました。哀しい出来事にも向き合い、また不安をかかえながら不自由な毎日を強いられることになりました。でも、そのような不安(あるいは不満)、問題に向き合いながらも、明るくてエネルギッシュな人びとが、確実にいるということにも、あらためて気づきました。そこに、「何があっても、どうにかなる」という、人びとの強さを感じ ます。また、諸々の課題に向き合いながらも、ぼくたちを笑顔で迎えてくれる優しさにも出会います。それが、リアルです。

この圧倒的なパワーを持って、ぼくたちの目の前に現れるリアリティに、どう応えるか。それはまさにコミュニケーションにかかわる課題であり、ぼくたちが「研究会」の活動をとおして考えてゆくべきテーマです。お決まりの調査研究のスキームに即して、「報告書」を書いているだけでは、ダメなのです。つぶさな観察と、詳細な記録、 さらには人びととのかかわり(ときには、長きにわたるかかわりの「はじまり」に触れていることもある)をもふくめたかたちで、学問という実践をデザインすることに意味があるのです。

ぼくたちの活動は、たとえば「まちづくり」「地域づくり」「地域活性」といったテーマと無縁ではありません。でも、いわゆる「処方箋」づくりにはさほど関心がありません。 そもそも「処方箋」などつくれるのだろうか、と問いかけることのほうが重要だと考えます。「ふつうの人びと」の暮らしにできるかぎり接近し、その強さと優しさに光を当てて可視化するのです。そこまで行ければ、じゅうぶんです。あとは、人びとがみずからの暮らしを再定義し、そこから何かがはじまるはずです。ぼくたちのコミュニケーションのなかにこそ、たくさんのヒントがあります。

2 方法と態度

つぎに、調査研究に向き合うさいの、基本的な考え方や方法、さらには態度(姿勢)について整理しておきます。
(履修のための必須条件にはしていませんが)「研究会」での活動にあたっては、学部の開講科目「フィールドワーク法」「インプレッションマネジメント」「リフレクティブデザイン」「感情とコミュニケーション」などの履修経験があることが望ましいでしょう。人と人とのコミュニケーションについて考えるために、フィールドワークやインタビューに代表される定性的(質的)調査法を活用します。また、現場に密着しながら活動し、その成果を世に問うためにワークショップを実施したり、展覧会を開いたりします。

フィールドワーク

ぼくたちは、フィールドワークやインタビューに代表される質的調査(定性的調査)を重視していますが、COVID-19の感染拡大にともない、方法そのものの再定義・再編成が必要となりました。とりわけ、人びとの暮らしに接近し、能動的にかかわりながらその意味や価値を理解しようという試みは、対面での「密な」コミュニケーションを前提として成り立っており、この2年ほどは、研究会の活動そのものが大きな制約を受けていました。
いっぽう、会議や講義のオンライン化の試みをとおして、あらたな〈現場観〉が醸成されつつあります。さまざまなメディアを駆使し、さらに時間・空間を再編成することによって、定性的調査のありようはどのように変化するのか。2022年度秋学期は、人びとの移動、集まり、社交などのふるまいをとらえなおし、オンライン環境における質的調査について検討することも、引き続き大切な課題になるでしょう。

観察と記述

つぶさな観察と詳細な記述からはじまるフィールドワーク(その先にはインタビューやワークショップなどを構想・実施)をとおして実践的に考えてみたいのは、たんなる調査の方法ではありません。従来からある「問題解決」(ビジネスモデル的発想)を志向したモデルではなく、「関係変革」 (ボランタリーなかかわり)を際立たせた、あたらしいアプローチを模索しています。より緩やかで、自律性を高めたかたちで人びとと向き合い、その「生きざま」 を理解し描き出すことを目指します。
つまるところ、ぼくたちは「調査者」という、特権的に位置づけられてきた立場をみずから放棄し、人びとの日常と「ともに居る」立場へと向かうことになります。その動きこそが、変革のためのよき源泉になると考えているからです。

2006年の秋ごろから「キャンプ」をコンセプトに、「研究会」の活動をデザインしていくことにしました。そもそも、「キャンパス」も「キャンプ」も、広場や集まりを意味する「カンプス (campus)」が語源です。大学の「時間割」によって組織化される時間・空間を再編成して、いきいきした「場」づくりを実践する。その実践こそが、活気のある「グッド・プレイス(good place)」はどのように生まれ、育まれてゆくのかを考えるヒントになるはずです。

「キャンパス」と「キャンプ」

「キャンプ」は、ぼくたちのコミュニケーションや社会関係のあり方を再認識し、再構成してゆくための「経験学習」の仕組みです。

「キャンプ」と聞くと、多くの人は、テントを持って出かける、いわゆる「アウトドア」の「野営」活動を思い浮かべるかもしれません。本格的ではないにしても、ぼくたちの多くは、おそらく、幼い頃に何らかの「キャンプ」体験をしているはずです。たとえば、林間学校や野外学習などの一環として、仲間とともに、飯盒でごはんを炊いたり、星空を見上げたり、火を囲んで語ったりした思い出はないでしょうか。ここで言う「キャンプ」は、必ずしも、こうした「アウトドア」の活動を指しているわけではありません。

「キャンプ」は、ぼくたちに求められている「かかわる力」を学ぶ「場所」として構想されるものです。さほど、大げさな準備は必要ありません。「キャンプ」は、日常生活のなかで、ちょっとした気持ちの切り替えをすることで、ぼくたちにとって「あたりまえ」となった毎日を見直し、「世界」を再構成していくやり方を学ぶためにあります。それは、道具立てだけではなく、心のありようもふくめてデザインされるもので、思考や実践を支えるさまざまなモノ、そして参加者のふるまいが、相互に強固な関係性を結びながら、生み出される「場所」です。

「キャンプ」に集約される「研究会」での活動にあたっては、以下のようなふるまいが求められます。

フィールドで発想する

「キャンプ」では、現場(フィールド)での直接的な体験から、〈モノ・コト〉を考えるスタイルを大切にします。もちろん、本・論文を読むこと、理論的な枠組みをしっかりとつくることも重要ですが、まずはじぶんの目で見ること・じぶんの身体で感じることを重視します。近年、「フィールドワーク」ということばが一般的に使われるようになりましたが、「フィールドワーク」には、地道に観察・記録をおこなうこと、時間をかけてデータの整理や解釈を試みることなど、知識を生成するための「技法」としてのトレーニングには(それなりの)時間とエネルギーが要求されます。まち歩きを愉しむことは重要ですが、一人前のフィールドワーカーとして、足(と頭)を動かすことが求められます。

カレンダーを意識する

忙しいことは悪いことではないと思いますが、じぶんの〈やりたいこと〉と〈やること〉とのバランスを上手く取らないと、すべてが中途半端になります。他の授業やサークル、アルバイトなど、さまざまな活動とともに研究会を「中心」に位置づけることを強く望みます。言いかえるならば、〈望ましさ〉と〈実現可能性〉をつねに意識するということです。これはやる気、能力、チャンスなどと関連していますが、スケジュールや時間のマネジメントが重要である場合が少なくありません。中途半端にならないように、研究活動のカレンダーをきちんとデザインすることが重要です。

じぶんを記録する

フィールドワークを基本的なアプローチにする際、調査の対象となる〈モノ・コト〉への感受性ばかりでなく、テーマに取り組んでいるじぶん自身への感受性も重要です。つまり、じぶんが、いったいどのような〈立場〉で〈モノ・コト〉を見ているのか…をどれだけ意識できるかということです。また、その〈立場〉をどのように明示的に表現(=つまりは調査結果の報告)できるかが大切です。フィールドワークをおこなう際には、現場で見たこと・発見したことを書き留めるためにフィールドノートを書くのが一般的ですが、研究会の時間をふくめ、日々のじぶんを記録します。

コミュニケーションの練習

ことばを大切に正確につかいたい。つねにそう思いながら活動することを心がけています。たとえば「地域活性化」「まちづくり」「コミュニティ」など、 それっぽくて、その気になるようなキーワードはできるかぎり排除して、慎重にことばをえらびたいと考えています。つまり、コミュニケーションに執着するということです。「わかったつもり」で、ことばをえらばないこと。そして、相手(受け手)を考えて丁寧に語る/表現する姿勢を執拗に求めることです。
その練習のために、ジャーナリング(日々の活動日誌)、スケッチや図解、エッセイなどをおこないます(詳細は開講時に説明します)。

3 2023年度秋学期のおもな活動(案)

(執筆中)マメに更新記録を見つつ、戻ってきてください。🙇🏻

  • 【キャンプ】全国のまちを巡る「キャンプ」(ポスターづくりのワークショップ)は、47都道府県の踏査を目指しています。残すところ、1府5県になったのですが、いずれも遠方です(参考 ひさしぶりに地図を塗った。 - まちに還すコミュニケーション )。コスト(旅費・宿泊費)はもちろん、学期中の実施は時間のやりくりがなかなか難しいところです。2023年秋学期は、できれば12月あたりに熊本県で実施したいと考えています(遠いけどなんとか出かける)。
  • 【シン・キャンプ】週末に滞在棟(SBC)を利用して、展示方法や仕上げ(印刷・製本の知識など)について集中的に議論する/トレーニングする時間を設けたいと考えています。(他にもアイデアがあります。)
  • 【一緒に食べよう(実践編)】春学期のテーマ「一緒に食べよう」(旧「共食課程のデザイン(仮)」)を引き継ぎ、「共食」「縁食」(藤原, 2020)について概念整理および社会実践をおこないます(おもに1〜3年生)。秋学期は、とくに実践的な側面に注力するので、フィールド(=キャンパスの「外」)に出かけることになります。以下は参考文献なので、読んでおいてください。
  • 【After Eight(XXの準備)】毎年、成果報告のために開いている「フィールドワーク展」(展覧会)は、2023年度に20回目をむかえます。展示とは何か、フィールドワークやインタビューといった調査の成果をどう表現するか、などなど、時間と空間の整備(つまりコミュニケーション環境の整備)にかんする議論をすすめます。

上記のすべては、ウェブや冊子などにまとめます。文章を書いたり、簡単なものづくりや社会実践をともなう活動を充実させます。

イベントカレンダー(仮)

  • 2023年10月21日(土)・22日(日):キャンプ(計画中)
  • 2023年11月25日(土)・26日:SFC万学博覧会(ORF+オープンキャンパス+市民講座)  
  • 2023年12月8日(金)〜10日(日):キャンプ(計画中)
  • 2024年2月9日(金)〜11日(日):フィールドワーク展XX 会場:ギャラリー LE DÉCO(渋谷駅から徒歩数分)

4 2023年度春学期のおもな活動

このへんで、どのような活動をしているのか、具体的に紹介しておきましょう。
すべてを網羅することはできないのですが、活動のタイプは大きく3つに分けて整理することができます。(1) 研究会メンバー(ときには大学院生もふくめて)全員で取り組むもの、(2) グループワーク(学部1〜3年生)、(3) 卒業プロジェクト(4年生)の3つです。
「研究会」は1週間に1回(2コマ続き, 180分)で開講しています。くわえて、週末にフィールドワークやワークショップ(「キャンプ」)をおこなったり、それぞれの計画に応じてグループワークをすすめたりします。
※2023年度秋学期は「B型」として開講しますが、基本的には活動量は「A型」とさほど変わらないと考えています。詳細はこのシラバスに追記する予定です。

 研究会メンバー全員の取り組み

たとえば2023年度春学期は、研究会メンバー全員での取り組み(フィールドワーク、ワークショップなど)として、以下のような活動をおこないました(計画中のものをふくむ)。

(1)ぷちキャンプ+イータ村風俗採集(2022年10月)
あたらしいメンバーも加わったので、そのオリエンテーションをかねて、他己紹介のワークショップをおこないつつ、あらたに竣工したHヴィレッジの観察・記録(風俗採集)をおこないました。

(2)東岐波キャンプ(2023年6月)
10数年続けているポスターづくりのワークショップを、東岐波(山口県宇部市)で「実施しました。ひさしぶりの遠出・宿泊でしたが、1泊2日で取材、ポスター制作、成果報告会までをおこなう短期集中型のフィールドワークです。

◉撮影・編集:⻩ 才殷・門澤 菫・飯島 航太

(3)A Day in the Life 7(2023年7月)(実施予定)
〈ある一日〉を指定し、その日の一人ひとりの生活の「細片」をビデオにまとめるプロジェクトです。もともとは、リドリー・スコットらのプロジェクト「Life in a Day」(2010, 2020)に触発されて、一昨年度から半年ごとに実施しています。
A Day in the Life(2020年7月)」「A Day in the Life 2(2021年1月)」「A Day in the Life 3(2021年7月)」「A Day in the Life 4(2022年1月)」「A Day in the Life 5」(2022年7月)」と同様に、〈ある一日〉を記録・編集する予定です。以下は「A Day in the Life 6」です。(2023年7月のバージョンが完成したら差し替えます↓)

2023年1月25日

グループワーク

2023年度春学期は「一緒に食べよう(旧:共食課程のデザイン)」というテーマでグループワークをすすめています。成果は、冊子にまとめたりウェブで公開したりするほか、「オープンリサーチフォーラム(ORF)」(2023年11月)や「「フィールドワーク展XX」(2024年2月)などで展示する予定です。

※参考:これまでにおこなってきたグループワークテーマ一覧

卒業プロジェクト

2023年9月に卒業予定の4年生は、3名です。それぞれの「卒業プロジェクト」については、2023年9月に開催予定の「フィールドワーク展19.5」(詳細未定)で展示されます。

  • 現在「卒プロ2」に取り組んでいるメンバーは、その進捗を記録するためのメディア『ただいまのあとで(After we came back)』を毎月発行しています(毎月25日発行)。→ afterwecameback - Medium

2024年3月の卒業を目指して「卒プロ1」に取り組んでいる学生は5名です。それぞれの「卒業プロジェクト」については、2024年2月に開催予定の「フィールドワーク展XX」(詳細未定)で展示されます。

  • 現在「卒プロ1」に取り組んでいるメンバー(4名)は、その進捗を記録するためのメディア『そつある日々(We cannot stop thinking)』を毎月発行しています(毎月20日発行)。→ そつある日々 - Medium

5 リンクいろいろ

その他、活動内容や日々の雑感についてはブログや研究室のウェブ、SNSなどで随時紹介しています。

6 資料

たとえば、下記を読んでみてください。コミュニケーションやメディアについてどう考えているか、「キャンプ」や「場づくり」の実践、理論的・方法論的な関心、具体的な事例などについて知ることができます。

  • 荒井良雄ほか(1996)『都市の空間と時間:生活活動の時間地理学』古今書院
  • ジョン・アーリ(2015)『モビリティーズ:移動の社会学』作品社
  • 海野弘(2004)『足が未来をつくる:〈視覚の帝国〉から〈足の文化〉へ』洋泉社
  • アンソニー・エリオット+ジョン・アーリ(2016)『モバイルライブス:「移動」が社会を変える』ミネルヴァ書房
  • エリック・クリネンバーグ(2021)『集まる場所が必要だ』英治出版
  • 佐藤郁哉(2006)『フィールドワーク(増補版):書を持って街に出よう』新曜社
  • 清水義晴・小山直(2002)『変革は、弱いところ、小さいところ、遠いところから』太郎次郎社
  • 橋本義夫(1978)『誰にでも書ける文章:「自分史」のすすめ』講談社現代新書
  • ドロレス・ハイデン(2002)『場所の力:パブリックヒストリーとしての都市景観』学芸出版社
  • エドワード・ヒュームズ(2016)『「移動」の未来』日経BP
  • ケン・プラマー(1991)『生活記録の社会学:方法としての生活史研究案内』光生館
  • パウロ・フレイレ(1979)『被抑圧者の教育学』亜紀書房
  • ウィリアム・ホワイト(2000)『ストリート・コーナーソサエティ』奥田道大・有里典三(訳)有斐閣
  • ジョン・ヴァン・マーネン(1988)『フィールドワークの物語:エスノグラフィーの文章作法』現代書館
  • 宮本常一・安渓遊地(2008)『調査されるという迷惑:フィールドに出る前に読んでおく本』みずのわ出版
  • ポール・ワツラヴィックほか(2007)『人間コミュニケーションの語用論:相互作用パターン、病理とパラドックスの研究』二瓶社
  • 加藤文俊(2022)態度としてのフィールドワーク:学会誌の「外」へ 『認知科学』第29巻4号, pp. 661-667.
  • 加藤文俊(2018)『ワークショップをとらえなおす』ひつじ書房
  • 加藤文俊(2017)「ラボラトリー」とデザイン:問題解決から仮説生成へ『SFC Journal』第17巻第1号 特集:Design X*X Design: 未知の分野における新たなデザインの理論・方法の提案とその実践(pp. 110-130)
  • 加藤文俊(2016)『会議のマネジメント:周到な準備、即興的な判断』中公新書
  • 加藤文俊(2016)フィールドとの「別れ」(コラム) - 工藤保則 ・寺岡伸悟 ・宮垣元(編著)『質的調査の方法〔第2版〕』(pp. 156-157)法律文化社
  • 加藤文俊(2015)フィールドワークの成果をまちに還す - 伊藤香織・紫牟田伸子(監修)『シビックプライド2 国内編』第1部(p. 77-84)宣伝会議
  • 加藤文俊(2015)『おべんとうと日本人』草思社
  • 加藤文俊・木村健世・木村亜維子(2014)『つながるカレー:コミュニケーションを「味わう」場所をつくる』フィルムアート社
  • 加藤文俊(2013)「ふつうの人」のデザイン - 山中俊治・脇田玲・田中浩也(編著)『x-DESIGN:未来をプロトタイピングするために』(pp. 157-180)慶應義塾大学出版会
  • 加藤文俊(2009)『キャンプ論:あたらしいフィールドワーク』慶應義塾大学出版会
  • 加藤文俊(2014)まちの変化に「気づく力」を育むきっかけづくり(特集・フィールドワーカーになる)『東京人』5月号(no. 339, pp. 58-63)都市出版
  • 加藤文俊(2014) ツールを考えるということ(特集・フィールドワークとツール)『建築雑誌』12月号(Vol. 129, No. 1665, pp. 32-35)日本建築学会