まちに還すコミュニケーション

場のチカラ プロジェクト|Camp as a participartory mode of learning.

見過ごされた「ケア」を掬い取る

(2021年8月7日)この文章は、2021年度春学期「卒プロ1」の成果報告として提出されたものです。体裁を整える目的で一部修正しましたが、本文は提出されたまま掲載しています。 今村 有里 はじめに ケアは私たちの身近な活動であり、しかも、ケアを受けていな…

フィクション映画監督という立場が持つ暴力性への抵抗

(2022年8月7日)この文章は、2022年度春学期の成果報告として提出されたものです。体裁を整える目的で一部修正しましたが、本文は提出されたまま掲載しています。 中田 江玲 なぜこの研究を行うのか ① 社会的背景 2022年、著名な映画監督による性加害が立て…

札幌と私の生活史

(2022年8月7日)この文章は、2022年度春学期の成果報告として提出されたものです。体裁を整える目的で一部修正しましたが、本文は提出されたまま掲載しています。 大河原 さくら 1. 生活史と私 岸正彦編、東京の生活史に聞き手として参加し、生活史を知った…

他者との間に介在する物質や行為がコミュニケーションに及ぼす影響

(2022年8月7日)この文章は、2022年度春学期の成果報告として提出されたものです。体裁を整える目的で一部修正しましたが、本文は提出されたまま掲載しています。 藤田 明優菜 背景 友人に相談があるとき、「ご飯食べに行かない?」「お茶しない?」と誘っ…

研究会シラバス(2022年度秋学期)

(2022-8-8追記)おわび:シラバス(大学のオフィシャル版)では、資料等の提出期限が8月10日(水)と書かれていましたが、正しくは、このページに記載のとおり、8月21日(日)22:00です。混乱させてしまって、ごめんなさい。(オフィシャル版も修正済みです…

岩淵キャンプ(ドキュメント)

ビデオでふり返る 2022年6月11日(土)から12日(日)の成果報告会までを記録した、ダイジェストビデオです。このビデオのショートバージョンは、12日(日)の成果報告会のなかで上映しました。(ポスターはここ → https://camp.yaboten.net/entry/wbch_post…

キャンプ土佐(未来構想キャンプ)

「未来構想キャンプ」は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)による、高校生向けのワークショップです。これまでは湘南藤沢キャンパスでのみ実施していましたが、今年はキャンパス外でも開催することになりました。「キャンプ土佐」はそのひとつです。こ…

岩淵キャンプ(ポスター)

ポスターをつくる (2022年6月12日)春学期最初のポスターづくりのプロジェクトです。今回は、6名のかたがたにインタビューをおこない、ひと晩でポスターをつくりました。“ポスター展のポスター”をふくめて7枚。取材にご協力いただいたみなさん、ありがとう…

岩淵町界隈を歩く:人と暮らしに近づく

2022年6月4日(土) 今学期は、大学院社会学研究科の「プロジェクト(JST)I」という科目を担当している。ここでJSTと呼んでいるのは、JST(科学技術振興機構)の「次世代研究者挑戦的研究プロジェクト」のことだ。慶應義塾がその支援を受けて「大学院博士後…

岩淵キャンプ

岩淵で考える・つくる 全国のまちを巡る「キャンプ」は、2019年12月に宮崎県日南市の飫肥(おび)に出かけて以来、ストップしていました。昨年の後半になって、変則的ながらも「キャンプ」を再開し、2021年11月に「風越キャンプ」を、12月に「善行キャンプ」…

音声ガイドをつくる

人の数だけ、「まち歩き」の体験がある。携帯型音楽プレイヤー(iPodなど)とポッドキャスティングを活用して、あたらしいまちの理解を創造してみよう。 「ポッドウォーク(あるいはポッドウォーカー)」と呼ばれる試みは、まちを理解するための、あたらしい…

研究会シラバス(2022年度春学期)

更新記録 (2022年3月16日)実施済みになったので、「お知らせ:活動を知る手がかり」を文末に移動。(2022年2月8日)書式を少しだけ変更(内容は変わらず)。(2022年2月7日)「合同卒プロ発表会」のプログラムを追記。一部構成を変更。(2022年2月1日)グ…

善行キャンプ(ドキュメント)

ビデオでふり返る 2021年12月18日(土)から19日(日)の成果報告会までを記録した、ダイジェストビデオです。このビデオは、19日(日)の成果報告会のなかで上映しました。(ポスターはここ → https://camp.yaboten.net/entry/zngydnch_posters) ◉撮影・編…

善行キャンプ(ポスター)

ポスターをつくる (2021年12月19日)この秋2回目のポスターづくりのプロジェクトです。今回は、7名のかたがたにインタビューをおこない、ひと晩でポスターをつくりました。“ポスター展のポスター”をふくめて8枚。取材にご協力いただいた「善行団地 みまもり…

 善行キャンプ

善行団地で考える・つくる 全国のまちを巡る「キャンプ」は、2019年12月に宮崎県日南市の飫肥(おび)に出かけて以来、ストップしていました。いまだに安心はできないものの、状況は好転しているので、やや変則的ながらも「キャンプ」を再開し、先月の「風越…

「キャンプ」について:再考(1)

塗りかけの地図 先日、およそ2年ぶりに「キャンプ」を実施した(→ 2021年11月:「風越キャンプ」)。COVID-19の影響下にあって、宿泊をともなう活動は許されていないため、日帰りのプロジェクトになった。なので遠出はできず、塗りかけの地図は2年前の冬(→ …

風越キャンプ(ドキュメント)

ビデオでふり返る 2021年11月21日(日)、およそ2年ぶりに「キャンプ」を実施しました。今回は、日帰りで取材をおこない、翌々日までにポスターを制作するという流れです。このダイジェストビデオは、取材からポスター制作までを記録したものです。(ポスタ…

風越キャンプ(ポスター)

ポスターをつくる (2021年11月23日)およそ2年ぶりのポスターづくりのプロジェクトです(この日が来るまで、長かった…)。今回は、8名のかたがたにインタビューをおこない、ふた晩かけてポスターをつくりました。“ポスター展のポスター”をふくめて9枚。取材…

「キャンプ」の練習

2021年11月16日(火) 全国のまちを巡る「キャンプ」では、ポスターづくりのプロジェクトをすすめてきましたが、COVID-19の影響で、2年近く休眠状態にあります。変則的ではあるものの、日帰りで「キャンプ(→ 風越キャンプ)」を実施することになったので、…

風越キャンプ

風越で考える・つくる 全国のまちを巡る「キャンプ」は、COVID-19の影響を受けて、2019年12月に宮崎県日南市の飫肥(おび)に出かけて以来、ストップしています。とはいえ、動きを止めるわけにはいかず、この2年近くは、状況を見ながらオンラインのインタビ…

『XXの社会学』を考える

出典:この課題について https://vanotica.net/books_21s/about.html 『XXの社会学』を考える|Sociological Books of Every Damned Things https://vanotica.net/books_21s/ ケン・プラマーは、『社会学の教科書』(2021, ちくま学芸文庫)の導入として、「…

生活記録としてスケッチをすることに関する研究

(2021年8月7日)この文章は、2021年度春学期「卒プロ1」の成果報告として提出されたものです。体裁を整える目的で一部修正しましたが、本文は提出されたまま掲載しています。 牧野 渚 調査概要 本プロジェクトでは、生活記録としてまちの人々をスケッチしま…

まわりみち

(2021年8月7日)この文章は、2021年度春学期「卒プロ1」の成果報告として提出されたものです。体裁を整える目的で一部修正しましたが、本文は提出されたまま掲載しています。 中田 早紀 効率を求めてしまう私 突然だが、今から私の学生生活を少し振り返って…

「模写」を通した作者と鑑賞者との対話

(2021年8月7日)この文章は、2021年度春学期「卒プロ1」の成果報告として提出されたものです。体裁を整える目的で一部修正しましたが、本文は提出されたまま掲載しています。 堤 飛鳥 背景 「私が表現したい世界を、どうすれば表現することができるようにな…

関係:「Vさん」?

(2021年8月7日)この文章は、2021年度春学期「卒プロ1」の成果報告として提出されたものです。体裁を整える目的で一部修正しましたが、本文は提出されたまま掲載しています。 安藤 あかね 私が現在取り組んでいるプロジェクトのテーマを一言で表すと、「主…

ストーリーテリングを用いて人やものを味わう

(2021年8月7日)この文章は、2021年度春学期「卒プロ1」の成果報告として提出されたものです。体裁を整える目的で一部修正しましたが、本文は提出されたまま掲載しています。 山田 琴乃 テーマについて 動機 私はアメリカで生まれ育ち、幼い頃から新しい環…

他者の生き様からコンプレックスを克服する

(2021年8月7日)この文章は、2021年度春学期「卒プロ1」の成果報告として提出されたものです。体裁を整える目的で一部修正しましたが、本文は提出されたまま掲載しています。 入江 桜子 『続ける』ことと『辞められない』こと 私は何かに属しているとき、新…

tema hima

(2021年8月7日)この文章は、2021年度春学期「卒プロ1」の成果報告として提出されたものです。体裁を整える目的で一部修正しましたが、本文は提出されたまま掲載しています。 飯盛 いずみ 効率主義とコミュニケーション なにをするにも、なるべく効率の良い…

A Day in the Life 3

昨年に引き続き、加藤研のメンバーで、学期末のある一日を記録することにしました。ぼくをふくめて28人。2021年7月25日(日)の「日常」を束ねました。ここのところ、猛暑の日が続いています。緊急事態宣言下で東京オリンピックがはじまりました。いろいろな…

研究会シラバス(2021年度秋学期)

更新記録 (2021年8月7日) 「卒プロ1」の概要紹介(春学期のふり返り)にリンクしました。 https://camp.yaboten.net/archive/category/%E5%8D%92%E3%83%97%E3%83%AD2021(2021年8月4日)秋学期からの新規履修について、簡単な説明会を開きます!「加藤文俊…