まちに還すコミュニケーション

場のチカラ プロジェクト|Camp as a participartory mode of learning.

exploring the power of place - 015

【本日発行】🍇秋の気配です。加藤研のウェブマガジン “exploring the power of place” をお届けします。
今年度は、毎号テーマ(お題)を決めて、それぞれが文章を綴るやり方ですすめています。第15号(2017年9月20日号)のお題は「待合室」です。→ https://medium.com/exploring-the-power-of-place/tagged/015

◎ 第15号(2017年9月20日号):待合室
  • 出ていくまで(佐々木瞳)
  • A Room with a View(Nuey Pitcha Suphantarida)
  • 21歳の宣誓(津田ひかる)
  • 暇つぶし(中原慎弥)
  • 温もりに触れたとき(金美莉)
  • つめたい愛情(橋本彩香)
  • 喜びは先生たちと(比留川路乃)
  • “The meeting point”(Panagiotidou Chrysoula)
  • 列の進み方、注文の仕方、扇風機の使い方(大川将)
  • 海沿いをゆく(加藤文俊)

f:id:who-me:20170920062631j:plain

 

福井キャンプ

福井で考える・つくる

*「福井キャンプ」は、福井市が主宰する「未来につなぐ ふくい魅える化プロジェクト(http://makef.jp/)」と連携しながら実施されます。

ぼくたちの「キャンプ」は続きます。2017年の秋は、福井(福井県)へ。これまでと同様、参加者は2〜3名のグループに分かれてまちの人びとへのインタビューやフィールドワークをおこない、滞在中に編集作業をすすめて、ポスター/ビデオなどを制作する予定です。福井で暮らす人びとの考え方、はたらきかた、まちへの想いをとらえ、まちの魅力を綴る試みです。
🍛今回は、カレーキャラバンも合流します!

f:id:who-me:20160106220248j:plain

わずかな滞在時間ですが、「ちいさなメディア」をつくること・流通させることの可能性や意味について考えてみたいと思います。最終日(15日)には、ポスター展と成果報告会をおこなう予定です。

  • 日時:2017年10月13日(金)〜15日(日)(原則として現地集合・現地解散)

  • 場所:福井市(福井県

  • 本部(作業):コワーキングスペース sankaku(さんかく)(〒910-0006 福井県福井市中央1−10−22 3F) https://www.facebook.com/291sankaku/

  • 参加メンバー(加藤文俊研究室)22名(学部生 19名;大学院生 2名;教員 1名)+カレーキャラバン(http://curry-caravan.net/

 

https://www.instagram.com/p/BYb6W8UgNie/

スケジュール(暫定版)

10月13日(金)

  • チェックイン
  • 18:00 集合 コワーキングスペース sankaku(さんかく)(〒910-0006 福井県福井市中央1−10−22 3F)
  • 18:30〜 オリエンテーション
  • 19:30 夕食(懇親会)

10月14日(土)

  • 10:00ごろ〜 フィールドワーク・インタビュー(グループごとに行動・取材先に応じて随時スタート):2〜3名のグループで、インタビュー先に出かけて話を聞きます。もちろん、写真も撮ります。
  • 10:00ごろ〜 カレーキャラバン始動
  • 14:00ごろ〜 アイデア出し・デザイン作業(グループごとに行動):フィールドワークで集めてきた素材をもとに、ポスターのデザイン/編集作業をすすめます。
  • 17:30ごろ 夕食(カレーキャラバン)
  • 19:00ごろ〜 アイデア出し・デザイン作業(つづき)

10月15日(日)

  • 8:00 ポスターデータ入稿:データ提出(時間厳守)→ 印刷へ
  • 10:00〜 展示準備・設営 会場:ガレリアポケット(福井県福井市中央1−10)
  • 12:00〜 「福井の人びとのポスター展」
    (12:30〜 成果報告会;13:30〜 ふり返りビデオ鑑賞・まとめと講評)
  • 14:00ごろ 片づけ・解散

https://www.instagram.com/p/BYcVzllg_8i/

 2017年8月31日(木)

フィールドワーク テーマ一覧

学部生(1〜3年生)は、学期をとおしてグループワークをおこないます。毎学期、あらかじめ指定されたテーマ(お題)でフィールドワークをすすめるやり方です。いわゆる「お題」は共通ですが、それをどう理解し、どう応えるかは、グループの自由です。

毎学期、経過をまとめた冊子を編纂するとともに、ウェブ上でも概要を紹介しています。また、毎年11月に開かれる「オープンリサーチフォーラム(ORF)」や、年度末(毎年2月)の「フィールドワーク展」(2005年度以降)にも展示します。

フィールドワーク テーマ一覧(2004〜)

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

  • キャンプ論(2)キャンプは、つづく。
  • キャンプ論(1)キャンプをはじめる。

2007

  • エッジを読む
  • まち{で, を, が}{あそ, まな}ぶ

2006

  • モバ!東京

2005

  • ハングアウト:たまり場のコミュニケーション

2004

  • 野毛を歩く
  • 人を知る