まちに還すコミュニケーション

場のチカラ プロジェクト|Camp as a participartory mode of learning.

ひがしなりキャンプ

東成で考える・つくる

ぼくたちの「キャンプ」は続きます。あたらしいメンバーを加えて、新年度がはじまりました。今回は、大阪市東成区の人びとを対象に取材をおこないます。その結果をもとに滞在中に編集作業をすすめて、ポスター/ビデオなどを制作する予定です。

東成とのつながりは、不思議なご縁から生まれました。2017年の9月、ぼくは「地域活性学会」の第9回研究大会に参加するため、島根県(島根県立大学 浜田キャンパス)まで出かけました。そこで「産学官連携における〈自立〉と〈自律〉に関する考察」というタイトルで、「深浦キャンプ」を事例に報告をしたとき*1、その部屋にいたのが、かつて東成区に在職していたという金谷さんでした。全国を巡りながらすすめているポスターづくりのプロジェクトについて、いろいろとコメントやアドバイスをいただきました。その後、金谷さんを介して、東成区長の麻野さんとつながり、昨年の暮れに東京で麻野区長と歓談。今年2月には、(日帰りで慌ただしかったものの)下見に出かけてきました。*2
じつは、このような展開は、何度かありました。これまでの活動の蓄積がきっかけになって、人から人へとつながって、つぎの逗留地が決まります。「人ありき」で、ぼくたちの「キャンプ」の計画がかたどられるのです。

f:id:who-me:20180414062651p:plain「調査者」という立場を放棄し、「関与者」になることを目指し、ボランタリーにかかわりながら、人と人とのゆるやかな連係を生み出す。「キャンプ」という活動では、可能なかぎりぼくたちの〈自律性〉を優先したかかわり方を実現しようと試みている。「契約関係」に応えようという責任感・使命感を過度に抱くことなく、もう少し自由にふるまうことのできる学習環境を目指す。すぐさま何らかの変化を生むような活動にはならないかもしれないが、地域のさまざまな「資源(resource)」を、「資産(asset)」に変えるためのきっかけづくりになるような、コミュニケーションの機会は提供できるはずだ。

 

わずかな滞在時間ですが、「ちいさなメディア」をつくること・流通させることの可能性や意味について考えてみたいと思います。最終日(13日)には、ポスター展と成果報告会をおこなう予定です。

  • 日時:2018年5月11日(金)〜13日(日)(原則として現地集合・現地解散)
  • 場所:東成区(大阪府
  • 本部(作業):東成区役所(〒537-0014 大阪府大阪市東成区大今里西2-8-4
  • 参加メンバー(加藤文俊研究室)17名(学部生 15名;大学院生 1名;教員 1名)

スケジュール(暫定版)

5月11日(金)

  • チェックイン
  • 17:00 集合
  • 19:00 夕食

5月12日(土)

  • 10:00ごろ〜 フィールドワーク・インタビュー(グループごとに行動・取材先に応じて随時スタート):2名のグループで、インタビュー先に出かけて話を聞きます。もちろん、写真も撮ります。
  • 14:00ごろ〜 アイデア出し・デザイン作業(グループごとに行動):フィールドワークで集めてきた素材をもとに、ポスターのデザイン/編集作業をすすめます。
  • 17:30ごろ 夕食
  • 19:00ごろ〜 アイデア出し・デザイン作業(つづき)

5月13日(日)

  • 8:00 ポスターデータ入稿:データ提出(時間厳守)→ 印刷へ
  • 10:00〜 展示準備・設営 会場:ふれ愛パンジー(東成区役所1F)
  • 12:00ごろ〜 「東成の人びとのポスター展」
    (12:30〜 成果報告会;13:30〜 ふり返りビデオ鑑賞・まとめと講評)
  • 14:00ごろ 片づけ・解散

ひがしなりの人びとのポスター展

制作したポスターは、その後2週間ほど東成区役所で展示される予定です。

  • 日時:2018年5月14日(月)〜31日(木)
  • 会場:ふれ愛パンジー(東成区役所1F)

f:id:who-me:20180209145844j:plain

 2018年2月9日(金):下見に行ったときに東成区役所の近くで見かけた「いけず石」。歩きながら、ふと「いけずなまち」プロジェクト(2016)を思い出していました。 http://vanotica.net/ichbb2/

*1:加藤文俊(2017)「産学官連携における〈自立〉と〈自律〉に関する考察」地域活性学会第9回研究大会(島根) http://www.hosei-web.jp/chiiki/taikai/170315/r_03.pdf

*2:記念撮影しました。 https://www.facebook.com/higashinari.machimiryoku/photos/a.1855681971424249.1073741828.1853753044950475/1986702981655480/?type=3&theater